ドクター達

人材紹介サイトで探す

ハローワークやナースセンターなどとは別に、人材紹介サイトなどで看護師への転職を行う方法もあります。人気のサイトでは、年間10万人あまりの看護師が利用するサイトもあります。

この記事の続きを読む

年齢や経験

看護師に転職しようと考えている場合、まずは自分の年齢は大丈夫かと不安になる人もいますが、看護師求人には年齢不問の求人も多くあるので、年齢を心配する必要はありません。その人の実務経験ややる気で決まることもあります。

この記事の続きを読む

コンサルタントの選択

看護師の求人を探すときに活用したいコンサルタントの選択基準に、実際に相性が合うかどうか、というところがあります。様々なサービスの中で、信じられると一番思えた人が相性の良いコンサルタントです。

この記事の続きを読む

ポータルサイトの活用

ナース人材バンクというウェブサイトは、看護師が転職するにあたって活用していきたい求人情報のポータルサイトです。専門的な知識を学んだり、情報収集をしたりすることができて、日本一と名乗る実力があることは明らかです。

この記事の続きを読む

転職しよう

看護師に転職するとなると、まず考えるのが転職方法ですが、どの仕事に転職する場合とも同様にハローワークに行くと仕事を探すことができます。
これは公共の求人紹介の機関であるので、安心して看護師の職を探すことができます。
加えて、首都圏や都市部であれば病院数も多い為、ハローワークにでている求人の数も多いと思う人も少なくありませんが、実際はその逆です。
看護師の求人が多いのは、都心より地方のハローワークです。
基本的に都市部になると、ハローワークに求人を出してもその分他の病院も多く出しているため応募が見込めず、看護師の求人は少なくなってしまいます。
都市部で探す場合は、ナースセンターなどに登録しておくと新しい病院を紹介してくれます。

看護師求人を探す場合、ナースセンターに登録するのも1つの方法です。
ナースセンターを運営しているのは、日本の看護師の7割近くが加入している日本看護協会が運営しています。
ナースセンターに登録している看護師と話すことで、求人取り扱いをしている病院を直接教えてくれることもあります。
しかしながら、施設の利用時間なども制限があるので、紹介を受けられるまで少し時間がかかります。
他にも、看護師として働く友人や知人からの紹介で転職している人も多いです。
友人や知人が働いているということで安心感があるので、もし知り合いに看護師をしている人がいるのであれば、求人募集をしていないか訪ねてみると良いでしょう。
この場合、話がすぐに進んでしまうため、事前に多くのことを確認して話を進めてもらうことが大切です。